生活費が足らなくなった時お金を借りてしまいます

お金がなくても我慢すれば良いと思えたのは、独身の頃まででした。
生活費がピンチになっても、食事を質素にしたり、抜いたり、自宅に籠って過ごしたりと対策はあったのですが、結婚し子供が産まれてからはそうもいかなくなってしまったのです。
食事の栄養面を考えたり、子供の事を考えると、どうしてもお金がピンチになったらお金を用意しないわけにはいかなくなった為、生活費が足らなくなったらお金を借りるようになりました。
子供がいる家庭にとっては、ピンチを乗り越える一つの手段でもあると思います。
実際に子供が大きくなるに連れて子供に関係する出費も多いし、子供が小さい頃はおむつやミルク等どうしても必要な物が増えてきます。

お金が無いから買えないでは済まないんですよね。
自分一人だったら、生活費の為にお金は借りませんが、家庭がある場合は、生活費こそがお金を借りる一番の理由になります。